窓が割れている

四次元方向にひっぱられてどうでもよくなってしまった

2014-03-27

朝のバイトを終えて帰宅し布団に入るが、1時間で目が覚めてしまったので部屋の掃除をする。

14時に初台で藤岡さんと待ち合わせ。
オペラシティのギャラリーで映像作家のさわひらきの展示を見る。暗い室内でスクリーンの光に照らされる藤岡さんを横目で見たりしていた。モノリスみたいなのが3つある部屋の作品が好きだった。

16時ごろギャラリーを出て喫茶店で話をする。
その後新宿へ。ヨドバシカメラでフィルムを出して世界堂へ。写真用のファイルを購入して旧校舎のそばにある居酒屋へ入る。
乾杯して、藤岡さんの合格祝いにイヤホンをプレゼントする。喜んでくれて良かった。
何分間かわからないけど長い時間藤岡さんの手を触ったり顔を見つめていた。これは恋なのだけど、互いを許しあうようなものではなくて、今までそんなことばかりしていたからこの恋がすごく正しいものに思える。藤岡さんに信じてもらうことはとても真っ当なことだ。
帰りの新宿駅で藤岡さんの写真を撮って帰宅。

夜、布団の中で藤岡さんからラインのメッセージが届いて、それを読んでから就寝。こんな日記を書く日がくるとは思っていなかった。
広告を非表示にする