窓が割れている

四次元方向にひっぱられてどうでもよくなってしまった

2013-07-30

お久しぶりである。
2か月もたってしまって、心境に変化がある。
楽しい人たちとはしゃぎまわるのとかができなくなってきた。べつにみんなのこと嫌いになったわけではない。みんなで遊んでるけど俺だけほっとかれてたとかも全然大丈夫で、なんだろうな、自分の居場所ではないっていうことがわかったのかもしれない。おしゃれで良いんだけどそういうのには憧れてない。根暗である。
この調子でいいなと思う。ストイックになれそう。予備校はまぁまぁサボってるんだけど。
これはでももしかすると一時間かけてじっくりオナニーした反動なのかもしれないけどするまえから思ってたからたぶん本当です。

インターネット10年以上使ってるけどやっと慣れてきたかな、立ち振る舞いとか。慣れというか。ちょっと偉そうになっただけかもしれない。

以前にも増して後藤さんとよく話す。後藤さんもずいぶん変わってきた。だいぶ社会的になってつきあいやすい。一昨日は押しかけてきたので髪の毛切ってあげたりした。

恋愛みたいのはすっぽり抜け落ちていて、まぁもう全然いらないんだけどこの気持ちは例の反動だと思う。

魅力的に思う人は予備校に何人もいるんだけどそれは恋愛的ではなくて、でもほぼ女の子だ。俺が女の子なら仲良くなれたかな、どうだろう、女の子じゃなくても仲良くできるかな。あっでも男の子もいる。俺のこと不良だと思ってそうだから真面目になろうと思う。真面目になって友達になろう。

ずっとわかってたけど理想に近づくと次の目標が見えてきて、っていうのは延々続く。次の目標が見えなくなってて自分最強〜みたいな人とかバイトでよく接客する。上司にもいる。
っていうかバイトはじめたんだった。イベントスタッフの派遣です。自給はふつうなんだけど毎回仕事ちがうしいろんな人を大量に見れるからおもしろがってる。
話もどして、でもその理想の延々続くやつはそのうちもとに戻ってループするんじゃないかってちょっと思った。それはヤバイからどこかで留まる必要あるのかもしれない。あっ、それでとどまって最強〜ってなってしまうんだろうか。わかんない。

端的にその日あったことを書くことをコンセプトにしていたはずなんだけどずいぶん内面的な日記になった。おやすみ。

広告を非表示にする