窓が割れている

四次元方向にひっぱられてどうでもよくなってしまった

2016-12-31

今年も池袋出発の夜行バスで年越し。

夜行バスは寝てれば一瞬で済むけど、迂闊にも昼間たんまり寝てしまって全く眠気が無いので習慣に習って今年一年を思い出したりしよう。

 

16年の正月は今の家に越したばかりで、戒田と理菜と、戒田の彼女の久富と一緒に年越しした気がする。けど今日と同じバスに乗ってた気もする…どうしたんだっけ…

 

出来事がいつのことなのか全然思い出せないのでやっぱり普通に日記を書く。

 

28日は朝からバイト先の大掃除に出向き、社長から給料とお年玉三千円を貰い、寿司をご馳走になり、大満足で昼過ぎに加畑と帰宅した。それから夕方まで女の話などを語り合い、18時ごろ家を出て吉祥寺にむかう。mixi忘年会と称して先輩数人と呑むことになっていた。

道中堀之内のハードオフに寄って、みんなのクリスマスプレゼントにジャンクCDの棚を全部見て良さげな13枚をジャケ買い。その勢いが余りに余ってPS2を6000円くらいで買ってしまった。クリアブルーの格好いい奴。CDとPS2ぶら下げて吉祥寺に着き、飲む。プレゼント楽しんで貰えて良かった。伊藤さんが絵を、大河マンが水木しげるの描いた南方熊楠の伝記をくれた。

終電一本前で帰宅。朝までスプラトゥーンをブレンドと通話しながらやる。

その後30日の0時まで寝ていて、飯食ったり散歩したりして朝日の出る前くらいからイラスト描いたりしつつ時間を過ごす。

ジャズ研の一年生の亀井という女の子からアンプを買いたいので付き合ってくれと言われていたので昼過ぎに駅で待ち合わせしてハードオフ八王子大和田店へ。

30分くらいで亀井のアンプ決まって、そのあと3時間くらい俺のハードオフウォッチに付き合わせる。後輩なので遠慮がない。PS2のソフト10本くらい買って欲を満たした。

亀井は吉本ばななの本貸してくれた子で、いろいろ借りてたから2冊持ってたいしいしんじのぶらんこ乗りをあげた。いい本だよとか言って。久しぶりに表紙見て、また近いうちに読み直そうと思った。

 

吉本ばななのサーカスナイトが結婚とか子どもの話だったから、なんとなく恋愛っぽい脳になっていたけど亀井とデート(?)して結構冷静になれた。大学で、仲間に囲まれて色恋沙汰みたいなのあんまり面白くないと思ってしまうし、シェアハウスも(まあ戒田はイレギュラーだけど)わかってきたから大学出てまた一人暮らしに戻りたいな。結局一人が好きで、人と居るにしても一人と一人の関係が好きだ。

 

実家帰ったらまたお母さんに小言を言われ続けるんだろうな…やだな…

学生やめて自分で食っていきたい……

広告を非表示にする

2016-12-11

10日

千円で髪切ったあと学校にiPhone取りに行き、部室に居た一年生達と話す。偉そうに20過ぎてからの時間のことなどを話していた。

夜、新宿は中国茶房8でサークルの友達10人でごはん食べた。友達10人もいたんだ…サークルの友達10人で中華食べましたて……このあたりは多摩美来て良かったなと思うところである。

終電で帰宅。

マイコーと新しくバンド始めることになったので3時くらいまでグループラインでやりとり。その関係でくるりのthe world is mine聴いて泣く。

 

11日

9時ごろ目覚めていい天気確認したあともう一回寝て昼過ぎに起きる。夜散々食ったのに朝起きれば何も無くなってるの理不尽と思う。ごはん買いがてらイオンのキタムラに昨日出したフィルム受け取りに行く。

イオンでパンとヨーグルト買ってフードコートで食べながら写真どんなの撮ってたかなって一覧になってるやつを見る。

2015年の夏の終わりくらいから先週までかけて36枚使ったので何撮ってたのか全然覚えていなかったけど見返せば全部思い出す。

理菜写してる写真がやっぱ良くて、この子のこと好きなんだなっていうの思い出し、それをすっぱいヨーグルト吸って流す。良い写真だべと思って家帰ってtumblrに2つ載っけたところすぐさま理菜からラインきて、消せとのことなので消した。・・・。好きだけどやはり相容れないのであった。

 

こないだゆきのっぴと会ったこととか、夜ルルちゃんから電話かかってきて話したこととか、それから昨日今日のこととか、ここ数年自分が見てきた時間のことを思い返す場面が多い。女の話ばかりなんだけど。過去が迂回して先回りして今また出会ってる。またどこかへ行きそう。

 

日が暮れたあたりから戒田と居間の模様替えを始める。漫画を全部出して、厳選して押入れ本棚に収めた。5-600冊くらいあったと思うけど、150冊くらいに絞った。あんまり絞れてない。断捨離された漫画たちは火曜日に学校に持って行ってフリマすることにした。

 

アマゾンで買ったビニールの透明のカーテンが届いたから付ける。部屋がとても冷えるからどうにかなるかなと思ったけど、まともな暖房器具が無いからやはり寒い。ビニールカーテンの前に植物が並んでいると温室みたいで悦に浸っていた。

広告を非表示にする

2016-11-25

昼前に起きて学校へ。グループ展に出してた作品の制作でとっ散らかしてたアトリエ片付けて、部室で後輩達と談話。ドラム練習してみたりした。

日の暮れるころにマイコーのバンドの面々が来て、20時ごろまでPAしながらバンド練習を見物。

 

テク研の機材が壊れて、単純な故障だったので俺が直しますと言って持って帰ったはいいもののシールを剥がさないと分解出来ないようになっていて、それを剥がすとメーカー保証受けられないので勝手に判断しない方がいいかなと思ってサークルのグループラインに相談する。二人意見くれて、分解やめてメーカーにお金払って修理してもらうことになった。んだけど、俺としては「俺が直したい!」という気持ちが前のめりになっていたので(特にそう言ったわけでもなくシンプルにどうしますかって提案して、意見聞いてそりゃそうだって言って引っ込んだので公衆の面前では恥ずかしい思いはしていないけど)へこむ。でも冷静に考えればメーカー修理出すのが当たり前で、そんなこともわからずに自分が自分が!ってつもりでいたことに、いい歳してまだそういう動きしてしまうことに気づいて尚のことへこむ。こういうこと度々ある。

他人のものとか集団で共有しているものに対しても自分のものと同じような扱いしてしまう。ものだけじゃなくてコミュニティとかもそう。自分のものは丁寧に扱うから他人のものも(自分のものと区別出来ないが故に)同じように丁寧に扱うのであまり問題が起きないだけで本当は危ないことなんじゃないのか…このまま年取っていくとキモいジジイになるんじゃないか…って風呂の中で不安になる。

最近は自分で自分のこと省みてへこむ機会が多い。

広告を非表示にする

2016-11-23

日の昇る前まで展示の搬出で野島の運転するトラックの助手席にいた。午前4時過ぎに帰宅して寝る。

昼に起きて野島と待ち合わせしてトラックをニコレンに返却。手の行き届いた林のあるいい公園で一服してバスで帰宅。朝方作品をアパートの前に積んだのでそれを片してから風呂に入って夜まで寝る。

22時ごろ起きると戒田が帰ってきていたのでいっしょに飯を食っていると加畑がうちに来る。

戒田の部屋で無用の長物となっていた拾ってきたソファベッドを居間に持ってきて、なんとなくぎこちなかった部屋が落ち着いた。

1時か2時ごろ加畑がラインしていたテク研の一年生がうちに来る。近所に住んでるのでみんなで行ってレコードを聴いたり高校時代の話をしたり。

4時ごろ解散して戒田と帰宅。戒田が夏にどこかから貰ってきたホットカーペットを敷いて、6時半まで戒田がときメモしているのを見てた。恋…。ソファが戒田との間を持たせてくれる。

広告を非表示にする

2016-11-20

朝寝て、21時くらいに起きる。行きたいと思っていた多田さんの個展とか秋葉原でやってたセガのお祭りとか全て逃してしまったけど、どうせ起きてても金が無くて行けやしなかった。

 

23時になる前にイオンに行って即席麺だのパスタだの買い込んどこうと思ってカゴに詰めたあと、お金無いこと思い出して全部戻す。直径15センチくらいのチーズケーキだけ買って帰る。帰って食う。

それから翌朝までゲームし続けた。

 

合間合間に作品のことを思い出してはヘコむ。全部で7万くらいつぎこんだけど時間に追われて大したクオリティに出来なかったし、授業出られなくて単位は恐らく落としまくるし、お金が無くてまともなご飯も食べられないし、部屋は臭くなるし、本当に失うものばかりで、いったい何をしていたんだと思ってしまう。どんなに出来が良くても無名の学生のでかい作品が売れるはずもないし、話題にもならないし、只々消耗してしまった。

18歳の頃の自分のこととか思い返すと本当に涙が出てくる。

それでもやっぱり作りたいものとか描きたい絵が頭の中に湧いてきてしまって尚のこと泣ける。

 

「手順を暗記するほど作ったキャロットケーキには私の魂のかけらが入ってしまったし、スーパーで見つけた真っ赤なトマトを私は命がけで好きだった。

 私はそうして楽しいことを知ってしまい、もう戻れない。

 どうしても、自分がいつか死ぬということを感じていたい。でないと生きている気がしない。だから、こんな人生になった。

 闇の中、切り立った崖っぷちをじりじり歩き、国道に出てはほっと息をつく。もうたくさんだと思いながら見上げる月明かりの、心にしみ入るような美しさを、私は知っている。」

広告を非表示にする

2016-11-19

夕方前にたまえの家から学校へ行き、ホール展の後片付けを済ませて、クラブ棟へ座りに行った。須田がいて、もう外暗いの?って言って帰って行ったので部室を入れ替わった。

ポケットに入れてきたローソンのチョコクッキーを食い、煙草を吸って、芸祭後から部室に置いてたギターを持って家に帰る。それからここのところの制作で家の中を荒らしてしまっていたので片付け、ついでに自分の部屋も綺麗にしていたら戒田が帰ってきて、テレビの真ん前に座ってまずそうな飯食ってた。

気づいたらテレビ付けっぱなしでどこか行ってしまったので代わりにテレビ見る。イッポングランプリ。イオンが閉まっちゃうので決勝戦の前に家を出て、半額のコロッケとチキンと食パンを買って帰る。23:30くらい。

それから午前2時ごろまでsplatoonしてた。部屋掃除したらジャズ研の一年生の女の子が貸してくれた吉本ばななのキッチンが出てきたので、それを朝までかけて読んだ。

広告を非表示にする

2016-11-14

新宿区は南落合長崎という駅にあるターナーギャラリーでグループ展をしています。来週まで。

ところが作品が完成していなくて、ぼくのスペースには空っぽのフェンスと宙ぶらりんの草の絵しか置いてない。

毎週毎週期限に追われていて、忙しくしている方が毎日充実しているなんて言う人もいるけどぼくはそうでもない。果てし無く永い時間の中で悠々とあちこち行き来して何もかもじっくり感じたい。

 

理菜とは別れたままでもう復縁も無いと思う。グループ展のメンバーだけど。

理菜には悪いけど面倒ごとから解放されていていろいろなことを思い出したり考えたりできてそこそこ良い感じ。

 

ゆきのっぴが、私は靴を履くのに100年かかるからって言ってたのをずっとおぼえていて、ハイカットのスニーカーを履くたびに思い出している。靴を履くのに100年かけるような時間の中にいたい。

 

勘ちゃんのメモの中にクレーの言葉があり、芸術は見ることではなくて見えるようにすることだ、のようなことが書いてあった。記憶している時間・空間を見えるようにしたいと思っている。

 

展示は会期の終わり頃に来てくれればぼくの作品も見られると思う。

 http://periscoperangestra.wixsite.com/top1

 

なるようになると思って生きているといろいろ失っていくがまた同時にいろいろ転がり込んでくる。倦怠感の中で何かが終わる予感をしていて、でもそれが少し楽しみでもある。

 

広告を非表示にする